有限会社アドニス介護支援サービス

ケアマネジメント

ケアマネジメント

要介護認定<申請から認定まで>


1.要介護(要支援)認定の申請をします


サービスの利用を希望する方は、市町村の窓口(延岡市の場合は高齢福祉課)に認定の申請をしてください。
●申請に必要なもの
要介護・要支援認定申請書(市役所窓口にあります)
介護保険証(65歳以上は認定の有無に関わらず発行されています)
健康保険証(第2号被保険者の場合)

2.認定調査が行われます


●認定調査
市町村の職員などが自宅を訪問し、心身の状況を調べるために、本人と家族などから聞き取り調査などをします。(全国共通の調査票が使われます)
●主治医の意見書
本人の主治医から介護を必要とする原因疾患などについての記載を受けます。主治医がいない方は市町村が指定した医師の診断を受けます。

3.審査・判定がされます


訪問調査の結果をもとに一次判定を行い特記事項、主治医の意見書をもとに「介護認定審査会」で二次審査し要介護区分が判定されます。

4.認定結果が通知されます


介護認定審査会の審査結果にもとづいて、以下の区分に分けて認定されます。

●要介護1~5→介護保険の介護サービスが受けられます
●要支援1・2→介護保険の介護予防サービスが受けられます
●非該当→地域支援事業の介護予防事業が利用できます

要介護1~5の方<介護サービス>


1.ケアプラン作成を依頼


依頼する居宅介護支援事業者が決まったら市町村に「ケアプラン作成依頼届出書(市町村窓口にあります)」を依頼します。

2.ケアプランの作成


居宅介護支援事業者
1.利用者様の現状を把握

ケアマネジャーが利用者者と面接し、問題点や課題を把握してサービス利用の原案を作成します。
2.サービス事業者との話し合い

利用者様やご家族とサービス事業者の担当者がケアマネジャーを中心に話し合います。
3.ケアプランの作成

作成されたケアプランの具体的な内容について利用者様の同意を得ます。

3.サービス事業者と契約


訪問介護や通所介護等を行うサービス事業者と契約します。

4.在宅サービスを利用開始

要支援1・2の方<介護予防サービス>


1.地域包括支援センターに連絡


住んでいる地区を担当する地域包括支援センターに連絡します。
*地域包括支援センターが居宅支援事業者にケアプラン作成を依頼する場合があります

2.保健師などと話し合い改善点を探します


利用者様やご家族と話し合い、利用者様の本人の心身の状態や生活暦などから課題を分析します。

3.介護予防ケアプランを作成します


目標を決めて、達成するための支援メニューを利用者様やご家族とサービス担当者で検討し、それにもどづいてケアプランを作成します。

4.介護予防サービスを利用


介護予防ケアプランにもどづいてサービスが提供されます。利用したサービスの1割を自己負担します。
PAGE TOP